太田氏の擁立撤回検討=参院比例、世代交代を意識−公明(時事通信)

 公明党が、夏の参院選の比例代表候補である太田昭宏前代表(64)の擁立を撤回する方向で検討していることが2日、分かった。党の若返りが進まないとの異論があることに加え、惨敗した昨年の衆院選を代表として戦い、自らも落選した太田氏の参院へのくら替え出馬に対する批判が党内に根強いことが理由だ。
 太田氏は昨年12月、「任期中に66歳を超えない」とする党の定年制の例外として、比例代表候補で公認され、国政復帰を目指していた。党関係者は2日、太田氏の処遇について「各党が世代交代を進める中で、わが党だけが逆行するようなことをしていいのか。選挙戦にマイナスではないかとの判断がある」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

婚礼戦線異状あり ホテルウエディングの巻き返しなるか(産経新聞)
「隠れ天下り」監視へ新機関、人材センター廃止(読売新聞)
ハイチPKO、陸自派遣を閣議決定(読売新聞)
途上国に太陽光ランタン、日本のNGOら寄贈(読売新聞)
石川被告はさばさば「国会議員執着ない」(産経新聞)
[PR]
by ad1dwmgsnc | 2010-02-08 09:45
スペルボーン(Spellborn)